病院によって異なってくる

看護師として医療施設に勤務する場合、まずは先輩との人間関係に注意すべきである。先輩はどのような場所に就職しても、仕事上頼るべき大切な存在だ。特に、看護師の仕事は患者さんの命に直結する職業であるため、先輩から適切な指導を受けられなければ、重大なミスを犯してしまう可能性もある。
新人の内に先輩と適切な人間関係を築きたいのであれば、新人の教育体制が整っている大病院に就職するのが一番だろう。そうした体制ができ上がっていない医療施設に勤務した場合、職務でトラブルが引き起こる可能性が高い。それにより、先輩に目をつけられてしまうのだ。教育体制が整っている職場であれば、肩身の狭い思いをする必要がないのである。
一方、大規模病院は緊急医療が必要な人から些細な病気を抱えた人まで、多様な患者さんが集まる場所だ。そうした忙しい場所に勤めたおかげで患者さんと良好な人間関係が築けず、悩んでしまう人も多い。その場合は、患者数の少ない小規模病院に再就職するのが最適だろう。診療所は、難しい病を抱えた人は大規模医療機関に紹介するのが一般的であり、忙しさも緩和される。また、診療所は地域に密着した医療を実現できる場所であることから、患者さん一人一人の顔や性格を覚えた上で看護師として働きたい人にとって、理想的な職場だ。
診療所に勤務するのであれば、即戦力としての働きを求められる。そのため、ある程度技術を身につけてから就職するのが大切だろう。育児でしばらく離職していた看護師などにとっても、非常に向いている職場である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です