看護師や患者さんとの関係性

医師として病院で働く場合、様々な人達と接することになる。なかでも大切なのが、看護師との人間関係だ。看護師は、医師の指示の下に動いて、患者さんを検査したりケアしたりする。そのため、互いの意思疎通が上手く行っていなければ、医療ミスを生み出してしまうケースもあるのだ。患者さんの重要な情報を、看護師が聞き込むこともある。よって、医師と看護師の間できちんとした信頼関係が成り立っていなければ、治療もスムーズに運ばないだろう。
他にも、病院の人間関係で重要なことといえば、医師と患者さんの人間関係だ。そもそも、患者さんが医師を信用していない場合は、病状をきちんと説明してもらうこともできない。そうなると、適切な治療を行えないのだ。良好な関係性が築かれないために、医療ミスが発生するケースも多い。
医師としては、できるだけ患者さんが自分に心を開いてくれるよう努力すべきだろう。そのためには、高圧的にならず患者さんに対して丁寧な話し方を心掛けることだ。いかに忙しくても患者さんの訴えを妨げずに聞き、まずは不安を解消する努力をすべきである。もちろん、そのために検査前からアバウトなことを伝えて希望を持たせるのはご法度だ。後々苦情が入ってしまうことも考えられるため、注意が必要である。
病院に来ている患者さんは自分の状態に不安を抱えているため、それを解消するには笑顔で接することが大切さ。過大な不安に怯えている人は検査で出た結果を示して、科学的に病状を説明するのが重要だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です